移住と結婚

アメリカ移住

アメリカという国にずっと関心がなかったので、まさか自分がこの地に暮らすようになるとは思いもよりませんでした。

そして、ようやく紆余曲折を経て迎えた移住のビッグデーがまさかこのコロナにぶつかるともゆめゆめ思いませんでした。

 

人生ってわからない

 

大袈裟だけど、感染爆発中のNYに渡航する人がほぼおらず、ガラガラの飛行機の中で心細さに震えながら、そして恐怖で泣きべそをかきながらNYを目指し、結婚のためというか、コロナに巻き込まれるために移動している錯覚に陥りながらもとにかく国を渡りました。

 

結婚した段階で、誓いを立て二人で一緒に人生を歩むと決めたという事実に背中を押されて、なんとか、予定通り移住することが出来ました。その事実には本当に感謝しかありません。

 

正式に与えられたチャンスを逃して、夫に会えなくなってしまうことがコロナより何より一番恐ろしいことだったから。

 

到着したJFK空港にも当然ほとんど利用者がおらず、すべてが信じられないほどあっさり終わり、あっという間に到着口に着いた。普段ならたくさんいるタクシーもほぼ待機しておらず、道路を走る車も限定的でまるで別世界に来たみたいだった。

空港に迎えに来てくれた夫の雰囲気もガラリと変わっていて、少し痩せていた姿がいまも脳裏に焼き付いている。

 

そんな中始まった彼との無期限の結婚同居生活。新婚生活を楽しむ♡とはほど遠く、最初のうちは恐怖に支配されないため自分たちを保ち支えあうことでいっぱいいっぱいになりました。

 

それでも、お互いがいる、遠距離は終わったという幸福感でなんとか病気にもならず、健康を保ちながら元気に日々を過ごすことが出来ています。

 

4月に移住して、いまだにソーシャルセキュリティーナンバーもグリーンカードも付与されていないことはまた別の話し。

タイトルとURLをコピーしました